ETHOS

僕らのブランドETHOSについて書きたいと思います。

僕の経歴から、専門学校(美容)を卒業し、その後

美容関係の職にはつかず、半年路頭に迷い、このままではと思い

バイト(夜間清掃業)を3年続け、夜間のため友達ともあまり連絡が取れず

このままでは友達が離れて行くと焦っていた所、UNDER COVERに親友が

いたのでそのつてで、UNDER COVERのショップスタッフとして働き始めました。

JONIO君とはFUNNY FARMというまた別のコンセプトショップで出会い仲良くしてもらってました。そのこともあり、ありがたく直ぐに採用されました。

UNDER COVERは刺激だらけの毎日で楽しくて仕方ありませんでした。

色んな人に出会いSK8THINGちゃん、BOUNTY HUNTERのヒカル君とも直ぐに仲良くさせて頂けました。

そんなこんなで、2年半が過ぎたあたりにPUNKミーティングと名乗る会合が始まり

BOUNTY HUNTERのヒカル君KENSEISK8THINGちゃん、JONIO君と話が盛り上がり、PUNK SHOPを始めようとJONIO君が筆頭に始めさせてもらいました。

世代は違いますがPUNK&HARD COREで繋がっているって凄い!

それがSPACE BUGと言うお店です。

LONDONに買い付けの物とレコードを初期は売っていましたが、ブランドをやりたく、

KENSEIと僕とで始めさせて頂きました。

M.W.O.B.H.M.( MORTAL WARRIOR OF BRUTE HEAVY METALIONS )というとてつも長いブランドです。

僕がグラフィック&デザイン、KENSEIディレクション&デザインという役割で、

今までの原宿にはないデザイン、スタイルを打ち出し "周りは関係ねー"と

ぶっ飛ばしていました。楽しさしかなかったですね。

4年近くやってたと思います。

方向性の違いも出てきて、それぞれ違う道を選び、再び一からのスタートをして、

僕はBASE CONTROLというブランドのMEN'Sデザインナーとしてアパレル会社WORLD

に就職。

2年間デザイナーとしてやりましたが、企業体質にあわず、退社。

そこから少し休憩し、元SPACE BUGの店員をやっていたOMIを相方にETHOSを立ち上げました。

そして今に至っています。

ETHOSのはじめのコレクションは全てSHIRTSのみ。

シルエット、老舗の下町職人による縫製にこだわり根本にある男の色気を表現しました。そこからそのシャツに合うパンツ、アウター、カットソーなどトータルコーディネイトを展開。

かれこれ4年目に突入し、漸く形になってきました。OMIは音楽センスも抜群で、繊細なデザインが出来る人で、僕とは真逆です。。

僕はバックリとしたデザインとコンセプトを打ち出し、形にして行く役割です。

OMIとは趣味も聞く音楽異なる部分が多いのですが、二人のやりたい形を融合させ形にして行くのは根本が似ていないと出来ませんね。

ETHOSの根本とは男らしさとか、色気、程よい緩さ。後は、音楽とカルチャーです。

ETHOSの服には音楽とカルチャーを連想させる何かが入っています。それは色だったり、ディティール、サイズ感、シーズンコレクションの全体の見え方。

一発で分かりやすい物はあまりないのですが、そんな所をわかってくれたら嬉しいです。

14AWそろそろ展示会が始まろうとしていますが、今回は融合がかなりうまく行っています。すごく楽しみです。

皆さんよろしくお願いいたします。